営業アシスタント

 学生の頃、なにか美味しいバイトはないか?と、日々友達と情報収集・交換していました。そのとき、「ちょっと怪しいけど、営業補助のバイト募集しているよ」と友達から声がかかりました。条件を聞くと、なかなか無い高給なアルバイトだったので、友達に「なんで自分でしないの?」と聞くと、「スーツが似合う女子じゃないとダメっていわれた」とのことでした。

 集合場所に行ってみると、ちょっとくたびれたおじさんが営業カバンを持って立っていました。おじさんがくれた名刺には「代表取締役」と書いてありました。今で言うベンチャー企業だったと思います。

 私は、事前に言われた通りにリクルートスーツにヒールのある靴を履いて、大人っぽくしっかりお化粧をしていました。私の仕事は、おじさんの後ろについて、おじさんの営業に同行する「だけ」というものでした。営業する先がデパートだったので、おじさんなりに「女性アシスタントがいる」という体を演出したかったようでした。

 おじさんは汗だくでプレゼンし、必死に色々話していましたが、私は指示されたとおり、一切口を開かず黙って横に座っていました。移動はタクシーで楽だったうえに豪華ランチ付きで、良い経験でした。

楽なアルバイトを検索するならこちらから
バイトルドットコム[短期・1日のみOK!]求人情報を検索
バイトルドットコム[短期・1日のみOK!]求人情報一覧


コメントを残す

サブコンテンツ

楽バイトおすすめ求人

楽なアルバイト検索

アルバイト探しなら

ブログランキング


にほんブログ村 就職バイトブログ アルバイトへ



PVランキング

seoパーツ

  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析