頭を極力使わないアルバイト

頭を極力使わないアルバイト

警備員のアルバイトを大学生の時にやっていました。時間帯は大学が終わった後の夜から朝にかけて仕事していました。一緒に仕事をしていた年配男性曰く、警備のアルバイトは底辺の人がやる仕事だそうです。その理由としては全く頭を使わない仕事のため。日中学校へ行っていた私としては頭休めのちょうどいいものでした。雨の日には工事現場が中止になることも多く、その日に仕事が入るか入らないか微妙、時間が迫っているというときには日給の半額が支給されました。現場に行ってから中止と言われるもありましたが、費やした時間は移動と待ち合わせの1時間だけで5000円貰って帰ったこともありました。

デメリットとしては暇に耐えなければいけないこと。何かを考えながら作業すれば暇に感じることは少ないかもしれませんが、ただ車や人を眺めて、工事現場の様子を見る、それくらいしかないので暇なのです。もう一つは雨が最初から降っていたら仕事自体がキャンセルになるため、稼げないというデメリットがあります。駅構内など屋内の現場も沢山ありますが、外での仕事も時にはあるため、これだけで生活するには不安定すぎて危険かもしれません。余った時間にアルバイトを入れておく、という感じでやる分には、労力が少なく稼げる仕事ではないかと思います。

楽なアルバイトを検索するならこちらから
バイトルドットコム[短期・1日のみOK!]求人情報を検索
バイトルドットコム[短期・1日のみOK!]求人情報一覧


コメントを残す

サブコンテンツ

楽バイトおすすめ求人

楽なアルバイト検索

アルバイト探しなら

ブログランキング


にほんブログ村 就職バイトブログ アルバイトへ



PVランキング

seoパーツ

  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析